2018年11月04日

アローカナ

アローカナの卵を知人からいただいた。
アローカナの卵



いつも、売っているわけではなく今回、たまたま手に入ったとのこと。

Wikipediaによると、
「アローカナ (Araucana) は、南アメリカのチリ原産のニワトリの品種で、殻の色が薄い水色をした卵を産む。」

スーパーで売ってる普通の鶏の卵と比べるとこんな感じ。
アローカナの卵とニワトリの卵の背比べ



割ってみたら?
アローカナの卵を割ったところ


色合いとかは、鶏卵と同じ。

卵殻膜は、かなり丈夫で、鶏卵なら片手でコン、パカっと割れるのにアローカナの卵は、コン、えっ開かん!という感じでした。
アローカナの卵の卵殻膜



卵かけご飯と目玉焼きにして食べたよ。
ご馳走様。


この記事へのトラックバックURL

http://nagisanohi.mediacat-blog.jp/t131556
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい