2018年09月19日

果物時計草

果物時計草=パッションフルーツ。

果物時計草の実はパッションフルーツ



ある日、父が果物時計草の鉢を買ってきた。
「これ、500円だった」と嬉しそう。

ボタニカルアートの素材として、使うので花が咲くのを楽しみに育てるのだという。

すでに花が終わって実がなってますけど。

「まぁ、来年用だな。」
「ふーん、育て方知ってるの?」
「知らん。」
って、オイ!

パッションフルーツ鉢植え



父は、花が楽しみみたいだが、私はパッションフルーツを食べるのが楽しみ。
2つも、実がついてる。
「フッフフのフ、美味しく頂いてやるからな。」と思っていたら、熟す前に落ちちゃった。
調べてみると、そのまま保存しておけば、追熟する場合もあるらしい。
ということで、しばらくそのままに。
数日経ってみてみると1個は、表面がしわくちゃになり、腐ってしまったので、廃棄。
が、もう一つの方は、紫色になって、多少怪しいけど、なんとなく食べられそうな雰囲気。

よし、切ってみよう。
パッションフルーツ



切った。
パッションフルーツ 切ったところ



香りは、ちゃんとパッションフルーツ。
汁を指先に少しつけて、ペロペロ。
「いけるじゃん、食べられるよ」
ということで、2人で美味しくいただきました。

これ、熱帯の植物なんだけど、冬を越して、無事、花が咲くのだろうか。  

Posted by 渚の灯 at 10:26Comments(0)TrackBack(0)雑記帳

2018年09月16日

網ほおずき

1ヶ月に一回、通ってる「いきいき支援センター」で、
「網ほおずき」のつくり方を教えてもらったので、作ってみた。

お盆のお供え用に買った花にほおずきがあったので、それを利用することに。

網ほおずき



作り方は、簡単。
水に重曹を少し混ぜ、その中に鬼灯をつけておく。
しばらくすると鬼灯の周りが溶けて水が濁り、臭いもきつい。
そうなったら水を変えながら、1週間~1ヶ月ほどすると葉脈だけが残った状態に。

期間は、ほおずきの新鮮さ?次第。中の実は、古いと残らないらしい。
今回は、10日ほどかかった。

透かし鬼灯



吊るすとこんな感じ。

網鬼灯



歯ブラシやら爪楊枝で掃除、綺麗にして出来上がり。  

Posted by 渚の灯 at 11:48Comments(0)TrackBack(0)雑記帳

2018年09月13日

収穫

ある農園の作業員として登録しています。
毎週木曜日に畑へ行って先生の指導の元、皆で農作業。

ここ数週間、大雨が降ったり、台風だったりで大変でしたが、
少し収穫がありました。

農園で収穫した野菜 シカクマメ、赤いピーマン、ジュウロクササゲ、カボチャ



赤いピーマン、ジュウロクササゲ、小さなカボチャ。
それに、この辺では珍しいシカクマメ。

シカクマメは、今年、初めての収穫。
さっそくトマトや葉物野菜と一緒にサラダにした。

タレは、ごま油、醤油、酢を混ぜたもの。
晩御飯の一品としておいしくいただきました。  
タグ :シカクマメ

Posted by 渚の灯 at 22:06Comments(0)TrackBack(0)雑記帳

2018年09月09日

ボタニカルアート展示会

ボタニカルアート展示会のお知らせ!

名古屋 東山植物園にて、
「東山花の会ボタニカルアート作品展」が開催されます。

日程/場所
2018年9月26日(水)~30日(日)まで
開演時間 9:00a.m. - 4:30p.m、
東山植物園 植物会館展示室
植物園への入園料 500円。

20数名の会員の作品が展示されているので、
皆様、お誘い合わせの上、ぜひお越しください。

作品の一部です。

カラスウリ
カラスウリ



ホザキノトケイソウ
ホザキノトケイソウ




動物園、植物園のついでにでも、どうぞ。
  

Posted by 渚の灯 at 19:40Comments(0)TrackBack(0)ボタニカルアート

2018年09月06日

猩々蜻蛉

シャア専用?と思うくらい目玉も胴体も真っ赤っ赤なショウジョウトンボ。
ショウジョウトンボのオス



「赤とんぼ」と呼ばれるのは、アカネ属なんだけど、この子は、ショウジョウトンボ属なので、
ホントは、「赤とんぼ」ではない。
けれども、いかにも赤とんぼっぽい。

猩々蜻蛉



あぁ、生物界はややこしい。
しょうじょうとんぼ


  

Posted by 渚の灯 at 11:44Comments(0)TrackBack(0)昆虫

2018年09月04日

暴風

台風21号の暴風で、近所の神社 社務所の塀が壊れてしまった。

壊れた塀



車道にまで倒れてて危ない状態。
社務所の塀が壊れた



とりあえず管理人さんに連絡。

で、車に対して目立つようにしないと。
とりあえず、所々に白い布切れをヒラヒラするよう巻き付けた。

数時間後、応急処置で危険な状態ではなくなったけど
すごい光景でびっくり。
  
タグ :暴風

Posted by 渚の灯 at 23:38Comments(0)TrackBack(0)雑記帳