2018年08月27日

ホシゴイ

カラスに追われているのは?
カラスとホシゴイ



カラスが自分より少し大きいくらいの鳥を執拗に追う。
ホシゴイを追うカラス



追われているのは、ホシゴイでした。
ホシゴイ



なんとか逃げ切り
ホシゴイ



休む場所を探します。
ホシゴイ



杭を見つけて




一休み。
休むホシゴイ



助かって安心した。
助かったホシゴイ



ホシゴイ(星五位)は、ゴイサギ(五位鷺)の幼鳥。  

Posted by 渚の灯 at 18:00Comments(0)TrackBack(0)ホシゴイ

2018年08月24日

写真展

----- 下記写真展は終了しました。 ご高覧いただきありがとうございました。-----

8月24日から8月26日(11:00 ~ 21:00) まで、
栄 LACHIC にて、
富士フィルム「”PHOTO IS”思いをつなぐ。50,000人の写真展2018」
が開催中です。

一般展示部門に、私の作品が展示されてます。

波紋



もし、よかったら見に来てください。(よ)  
タグ :写真展

Posted by 渚の灯 at 17:54Comments(0)TrackBack(0)雑記帳

2018年08月24日

餃子焼いた

父が餃子20個と26cmのフライパンの前で悩んでる。

「鍋に並べようと試してるが、入らない。」
「うまく焼けるか不安。」
らしい。

ということで、焼き担当?の私に交代。

フライパンに油(ラードとサラダ油)
ラードが溶けるまで少し温める。

火を消して餃子を円周上に並べる。2つは真ん中へ。
(火つけたままだと忙しい。父は、縦に並べようとしてた。)

餃子焼く前の状態



中火くらいで焼き加減をみながら火力調整、3分待つ。

キッチンタイマー



表面の皮の透明感や裏の焦げ具合を見て、焼けたか確認。
たまにフライパンをちょっと揺すり、餃子がくっついてないか確認。
焼き上がったら、フライパン底面に合う丸皿をかぶせ、皿を抑えたまま、
フライパンを「えぃっ」て感じで引っくり返ぜば、餃子がお皿の上に。

フライパンを返して餃子を皿に載せる



はぃ、焼餃子、一丁上がり。

焼餃子





  
タグ :焼餃子

Posted by 渚の灯 at 16:37Comments(0)TrackBack(0)雑記帳

2018年08月23日

葡萄ゼリー

種無しブドウのデラウェア。
いつも、そのまま食べてしまうのだが、
今回は、「葡萄ゼリー」作ってみよ!

ぶどうゼリー



まぁ、アガーを使ってみたかっただけなのだが。

寒天やゼラチンは、その辺のスーパーに売っているのだが、アガーって、
なかなかありません!
でも、透明感のあるデザート作ろうとすると外せません。

で、
東急ハンズならあるかなぁと思って行ってみたら、ありました。
帰りに自販機で「ぶどうジュース」も買って。

葡萄ゼリーの材料



実際に作るのは、後日になりそうなのでちょっと準備。

葡萄を一個ずつ、房から外して、ざっと洗い、十字に切れ目を入れて、冷凍庫へ。
十字に切れ目を入れるのは後で皮を剥きやすいように。

別の日。
まずは、ゼリー液を作ります。

ゼリー液・・・
アガーと砂糖を水気のないボウルに混ぜておく。
ジュースは、アロエのつぶつぶがあるのでザルとペーパーで濾し、水分だけにする。
(お手軽に手に入ったぶどうジュースは「アロエ葉肉入りだった。)

鍋に水入れて、沸騰させる。
ジュース入れて、しばらくしたら弱火。
(アガーがダマにならない温度を維持する)

アガーと砂糖を混ぜたものを少しずつ溶かしていく。
ゼリー液完成。

ゼリー用容器にブドウを入れてく。
美味しいゼリーを食べるため、ひたすら入れてく。

ブドウをゼリー用の容器にれた状態



セリー液をそれぞれ容器に流し込んで、あら熱が取れたら冷蔵庫へ。
ゼリーが完全に固まる前にブドウが浮くように混ぜる。

しばらく待てば、ぶどうゼリーの出来上がり。

ぶどうゼリーでき上がり



  

Posted by 渚の灯 at 17:01Comments(0)TrackBack(0)雑記帳

2018年08月19日

甘長唐辛子

伯父から「あまなが」を貰った。

あまながって何?

甘長唐辛子



初めて聞いた野菜の名前なので調べてみたら、
「辛味のない、独特な風味のとうがらし。」だそうです。

ついでにレシピもチェック。
蒸し焼きが簡単そうなので、作ってみる。

プライパンに油入れて、熱くなったら、
甘長投入、火をちょっと弱めて、すぐに蓋して中火(弱め)で7~8分。
ひどく焦げ付かないように、2度ほどひっくり返す。
両面、焼けたら、お皿に盛り付け、ほんの少し醤油、鰹節は好きなだけかけて出来上がり。

あまながの蒸し焼き



頬張ってみる。

確かに、「辛味のない、とうがらし」でした。
ん、美味しい。

あ、お酒、お酒。



  
タグ :あまなが

Posted by 渚の灯 at 22:47Comments(0)TrackBack(0)雑記帳