2018年09月06日

猩々蜻蛉

シャア専用?と思うくらい目玉も胴体も真っ赤っ赤なショウジョウトンボ。
ショウジョウトンボのオス



「赤とんぼ」と呼ばれるのは、アカネ属なんだけど、この子は、ショウジョウトンボ属なので、
ホントは、「赤とんぼ」ではない。
けれども、いかにも赤とんぼっぽい。

猩々蜻蛉



あぁ、生物界はややこしい。
しょうじょうとんぼ


  

Posted by 渚の灯 at 11:44Comments(0)TrackBack(0)昆虫

2018年06月10日

腰空蜻蛉

コシアキトンボ発見。
コシアキトンボ



産卵の時期みたいでたくさん飛び回っていた。
体の一部(腰?)が黄色いものがコシアキトンボのメスで、
コシアキトンボ メス



白っぽいのがオス。
コシアキトンボ オス



その色が蛍光色のように目立つので「電気蜻蛉」と呼ぶ地方もあるとウィキに書いてあった。

次の世代につなげるために適切な場所を探し、卵を生んでいく。
産卵するコシアキトンボ


虫だって大変ですね。

トンボの飛び方は、戦闘機のように見える。
いや、戦闘機が真似したのかな?

編隊飛行。
腰空蜻蛉

  

Posted by 渚の灯 at 16:39Comments(0)TrackBack(0)昆虫

2018年06月06日

麦藁蜻蛉

シオカラトンボのメス。
胴体の色、模様から麦藁蜻蛉(ムギワラトンボ)とも。
麦藁蜻蛉



気がつくと枝に止まっている。
塩辛蜻蛉のメス



いつのまにか飛び立って、しばらくするとまた、枝に止まってる。
ムギワラトンボ



飛んでるところを撮りたいけど、とても追いつかない。
シオカラトンボ



からかうように側へ来て、




ツィーと去ってく。



  

Posted by 渚の灯 at 22:19Comments(0)TrackBack(0)昆虫