2019年09月12日

73年後に

タイムスリップした。

あるマンションのエレベータの時刻表示が2092年1月13日



今日は2019年9月12日のはずなんだけど、
あるマンションに入ってエレベータに乗ろうとしたら、2092年1月13日になってた。

  

Posted by 渚の灯 at 23:05Comments(0)TrackBack(0)雑記帳

2019年05月12日

楤芽と屈

近所にいる叔父に、偶然、あった。
「よお、山菜あるけど、食べるかい?」
「もちろん、いただきます!」

ということで、
タラの芽(楤芽)とコゴミ(屈)、いただきました。

タラの芽。
タラの芽



コゴミ。くるくる巻いている形がゼンマイに似ているけどこれはコゴミ。
コゴミ



さぁーて、どう料理してくれようか!
天ぷら or 和え物 or 炒めもの or 和風?イタリアン? 中華もいいなぁ。
と悩んだ末、まずは、

コゴミの胡麻和え。
コゴミの胡麻和え



残りは、コゴミのお浸しで。
コゴミのお浸し


冷蔵庫で一晩、味をなじませることに。
で明日のお楽しみ。

タラの芽は、定番の天ぷらにしよっと。
  

Posted by 渚の灯 at 23:08Comments(0)TrackBack(0)雑記帳

2019年04月11日

写真展開催

今年も、名古屋市大須のワキタギャラリーで写真展を開催します。

気になる?(コブハクチョウ)



第25回 写団めだか展
期間:4月19日(金)~24日(水)
時間:各日10:00-17:00 最終日 16:30まで
(閉館30分前までにお入りください)

開催場所:ワキタギャラリー A室
名古屋市中区大須4-10-68
入場無料
アクセス:駐車場はありません。
地下鉄 上前津駅10番出口北へ2分
市バス 上前津下車

皆様、お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。  
タグ :写真展

Posted by 渚の灯 at 12:25Comments(0)TrackBack(0)雑記帳

2019年03月17日

サババナナ

調理用バナナを貰ったよ。
調理用バナナ



フィリピンで栽培されているサバ(Saba) という種類。
Saba banana



さて、貰ったはいいけど、どうやって食べるのかわからない。
で、
色々調べた結果、調理用バナナは、バターなどで焼いて、甘めの調味料
(ピーナッツバター、ハチミツ、シナモンシュガー、三温糖など)
を絡めて食べると美味しいらしい。

一番簡単そうなのは、「レンジで皮が弾ける程度まで、温める(3~4分くらい)」。
ということで、まずは、お試し。
1本はこの方法で食べてみた。
調理用バナナをレンチン


食べてみると、味は淡い甘さにほんのりバナナの香り、食感はネットリ感の強いお芋?

他の2本は、バター焼きを採用。

調理用バナナの皮を剥くとこんな感じ。結構白い。
サバ バナナ 剥いてみた



適当な大きさに切って、
サバ バナナ スライス



バターで両面焼いて、シナモンシュガーをふりかけ、ハチミツかけて食べます。
バナナのバター焼き



うん、表面は、カリっとして、中はトロっとしてアツアツの甘々で美味しくいただきました。  

Posted by 渚の灯 at 21:28Comments(0)TrackBack(0)雑記帳

2018年12月31日

自家製ツナ

遅めにスーパーへ行ったら、キハダマグロの冊が半額で売っていたので、購入。
前から気になってた「自家製ツナ」を作ってみることにした。

作り方は、ハーブとオリーブオイルでじっくり煮込むだけなので簡単。なはず!
では、挑戦開始。

今回の材料
=マグロの冊 300gくらい、ニンニク1片、ローリエ、使いさしのハーブ各種、オリーブオイル

1. マグロの身の臭み抜きと少し塩気をつけるために冊へ塩をまぶし、15分ほど置いておく。

2. ニンニクを潰しておく。

3. 15分たったらマグロから出てきた水分をキッチンペーパーで拭き取る。

4. マグロがギリギリ入るくらいの狭めな鍋に全ての材料を入れる。

5. オリーブオイルは、マグロの高さと同じくらい入れる。
(鍋が大きいと油がたくさん必要なので狭い鍋で)

6. 中火の弱火くらいでオリーブオイルの様子をみながら煮る。

7. フツフツしてきたらすぐ弱火にして、40分くらいゆっくりじっくり煮る。
(ボコボコ泡立たないように気をつける)

8. そのまま自然に冷めるまで待つ。

ハイ、出来上がり。
自家製ツナ



市販の缶詰より、ちょい固めだけど味は、結構いけるじゃん。
これで、美味しいツナたまごサンドが出来そう。

レパートリーが一つ増えたよ。  
タグ :自家製ツナ

Posted by 渚の灯 at 17:55Comments(0)TrackBack(0)雑記帳

2018年11月05日

生落花生

採りたての落花生。
生の状態なので、2~3日以内に食べないといけない。
生落花生



で、まぁ、一番ポピュラーな「塩ゆで」にする。
殻を剥くとこんな感じ。
生落花生の塩ゆで



熱々ホクホクで「ピーナッツ」とは、また違う美味しさがあります。  
タグ :生落花生

Posted by 渚の灯 at 21:52Comments(0)TrackBack(0)雑記帳

2018年11月05日

秋の味覚

11月のある日。
秋の味覚、大収穫。
大収穫



サツマイモ。
さつまいも


に混じって一個だけジャガイモがあった。


小さめサツマイモ。
<br />
小さいサツマイモ


お菓子の材料。


枝豆。
えだまめ


早速ビール買ってこなきゃ。


落花生。
生落花生


生の落花生は塩ゆでにするとほんのり甘くてホクホクで柔らかくて歯の弱い父でも食べることができる。


シカクマメ。



柔らかいものは、サラダにして、かたそうなのは、きざんで何かと一緒に油炒めかな。

サツマイモはしばらく寝かせないとダメなのでその間にレシピ集めだ。
和菓子なら鬼まんじゅうに大学芋、きんつば、芋羊羹。
洋菓子ならスイートポテト、ケーキ、クッキー、マフィン。
他にもアレとかコレとか・・・たくさんありすぎて困ります。  

Posted by 渚の灯 at 13:49Comments(0)TrackBack(0)雑記帳

2018年11月04日

アローカナ

アローカナの卵を知人からいただいた。
アローカナの卵



いつも、売っているわけではなく今回、たまたま手に入ったとのこと。

Wikipediaによると、
「アローカナ (Araucana) は、南アメリカのチリ原産のニワトリの品種で、殻の色が薄い水色をした卵を産む。」

スーパーで売ってる普通の鶏の卵と比べるとこんな感じ。
アローカナの卵とニワトリの卵の背比べ



割ってみたら?
アローカナの卵を割ったところ


色合いとかは、鶏卵と同じ。

卵殻膜は、かなり丈夫で、鶏卵なら片手でコン、パカっと割れるのにアローカナの卵は、コン、えっ開かん!という感じでした。
アローカナの卵の卵殻膜



卵かけご飯と目玉焼きにして食べたよ。
ご馳走様。
  

Posted by 渚の灯 at 11:58Comments(0)TrackBack(0)雑記帳

2018年10月15日

零余子

近くの叔父家の庭は、街中にあるのに里山状態。
そんなに広いわけでもない庭に山椒の木があったり、タラノキが生えている。
他にもノビル、シソ、ドクダミ、エビスグサ(種をハブ茶にする)、ムカゴ・・・。

ということで、春はタラの芽、秋は零余子(ムカゴ)が採れるのだ。

2階の窓から手を伸ばせば届くところにムカゴが成ってる。
零余子



あっちにも。
むかご



こっちにも。
ムカゴ



なんか伸び放題。
ムカゴ



で、私は、甥っ子の権限を振りかざし今年もムカゴ採り。

収穫したムカゴは、ニンニクバター炒めにしたよ。
ムカゴのニンニクバター炒め

  

Posted by 渚の灯 at 17:51Comments(0)TrackBack(0)雑記帳

2018年10月05日

シカクマメ

シカクマメ、収穫できました。
シカクマメって何?という方は、
2017年09月14日 シカクマメを頂きましたをご覧下さい。

シカクマメとベーコンの炒めもの



調理前の写真。
うりずん豆



下処理は、熱湯に塩入れて、下茹でして色止め。
茹で時間はサラダにする場合は、少し長め(2~3分)、炒め物とか再加熱する場合は、それより短く(1~2分)くらい。

よくある調理法は、サラダ、和え物、天ぷら、炒めもの。

今回は、インターネット上の情報を参考に
「シカクマメとベーコンの炒めもの」を作りました。  

Posted by 渚の灯 at 15:26Comments(0)TrackBack(0)雑記帳

2018年09月19日

果物時計草

果物時計草=パッションフルーツ。

果物時計草の実はパッションフルーツ



ある日、父が果物時計草の鉢を買ってきた。
「これ、500円だった」と嬉しそう。

ボタニカルアートの素材として、使うので花が咲くのを楽しみに育てるのだという。

すでに花が終わって実がなってますけど。

「まぁ、来年用だな。」
「ふーん、育て方知ってるの?」
「知らん。」
って、オイ!

パッションフルーツ鉢植え



父は、花が楽しみみたいだが、私はパッションフルーツを食べるのが楽しみ。
2つも、実がついてる。
「フッフフのフ、美味しく頂いてやるからな。」と思っていたら、熟す前に落ちちゃった。
調べてみると、そのまま保存しておけば、追熟する場合もあるらしい。
ということで、しばらくそのままに。
数日経ってみてみると1個は、表面がしわくちゃになり、腐ってしまったので、廃棄。
が、もう一つの方は、紫色になって、多少怪しいけど、なんとなく食べられそうな雰囲気。

よし、切ってみよう。
パッションフルーツ



切った。
パッションフルーツ 切ったところ



香りは、ちゃんとパッションフルーツ。
汁を指先に少しつけて、ペロペロ。
「いけるじゃん、食べられるよ」
ということで、2人で美味しくいただきました。

これ、熱帯の植物なんだけど、冬を越して、無事、花が咲くのだろうか。  

Posted by 渚の灯 at 10:26Comments(0)TrackBack(0)雑記帳

2018年09月16日

網ほおずき

1ヶ月に一回、通ってる「いきいき支援センター」で、
「網ほおずき」のつくり方を教えてもらったので、作ってみた。

お盆のお供え用に買った花にほおずきがあったので、それを利用することに。

網ほおずき



作り方は、簡単。
水に重曹を少し混ぜ、その中に鬼灯をつけておく。
しばらくすると鬼灯の周りが溶けて水が濁り、臭いもきつい。
そうなったら水を変えながら、1週間~1ヶ月ほどすると葉脈だけが残った状態に。

期間は、ほおずきの新鮮さ?次第。中の実は、古いと残らないらしい。
今回は、10日ほどかかった。

透かし鬼灯



吊るすとこんな感じ。

網鬼灯



歯ブラシやら爪楊枝で掃除、綺麗にして出来上がり。  

Posted by 渚の灯 at 11:48Comments(0)TrackBack(0)雑記帳